速読と記憶システム

人間の記憶システムは短期記憶と長期記憶の2つがあります。

目や耳などから入った情報は短期記憶へと入り、重要でないもの重要なものが分けられ、重要でない記憶はすぐに消えていきます。そして、重要な情報が長期記憶に渡されます。

一方で、長期記憶に入ったものでも重要でなくなれば、短期記憶に渡され消えていきます。

すぐ忘れるような情報は、何回も何回も復唱したりして覚えるということがあります。あれは、短期記憶に入っている情報に刺激を与え長期記憶に移している作業です。そして、一度長期記憶に入った情報はなかなか忘れることはありません。

集中力が高い人はスムーズに情報を長期記憶に入れることができます。それは、長期記憶にある情報と結びつけるというテクニックだったりします。

速読トレーニングでは、右脳を活性化させ、情報をイメージとして記憶しようとします。イメージは長期記憶の情報と結びつきやすい情報です。そのつながりを増やしていくことでさらに記憶をスムーズにできるようになると思います。


速読ツールの効果的な使い方速読のメリット
速読法のいろいろな学習形態速読初心者の目標設定
よくある質問と回答だれでも習得できるのか?
速読練習用のテキストについてどこでも速読トレーニング
内読しないようにする読書スピードの目安
集中力を高めるまずはプレリーディングから始める
文章読解の段階速読レベルは落ちないのか
文字認識の速さと内容理解は別物視点を規則正しく移動すること
眼筋を鍛える視野と速読のスピード
縦読みと横読みの速読右脳を鍛える練習
一行読みを目指すグーグルで速読トレーニング
速読ができない理由2行読み・3行読みの速読
脳の機能高める速読トレーニング黙読しながら内読をやめる
速読トレーニングの結果を記録する集中力を高めるツボ
速読の右脳と左脳速読と記憶システム
読書方法と速読速読の定義
速読のはじめ方スポーツ速読を無料でできる(子供用)
みんなやってる「トレーニングセット」

...ユーザー登録するとトレーニングセットを作ることができます。

新着トレーニングセット
  • 集中力アップセット
    ちょっと集中力が途切れてきたとき、ぼんやりしたしまったときにやるセットです。2分間。
  • 視点移動セット
    視点の移動をスムーズにするだけで、どれだけ読書スピードを上げられるかを確認するセット。目の動きが悪いと感じたらやってみてください。
  • masahiro
    速読
  • 速読レベルアップ中級セット
    速読トレーニングの中級セット。1500文字レベルの速読に慣れてきた人にお勧めします。
  • 速読レベルアップ初級セット
    速読レベルが1500文字以下の初級レベルの人にお勧めです。基礎を作り、次のレベルへの土台を作ります。