内読しないようにする

速読レベルが一定のレベルに達すると1つ目の壁として内読があります。

内読とは、声に出して読む音読ではなく、声に出さないけど、頭の中で音声に変えることです。よく黙読中に唇などが動いている人がいますが、その人は内読している可能性が高いです。

これをやってしまうと、頭の中で音声に変換する時間が必要になってしまうのでその分スピードに限界が出てしまいます。

意識的にやめることは最初は難しいので、内読できないスピードで練習する時間を作って、こつをつかむようにしましょう。
速読ツールの効果的な使い方速読のメリット
速読法のいろいろな学習形態速読初心者の目標設定
よくある質問と回答だれでも習得できるのか?
速読練習用のテキストについてどこでも速読トレーニング
内読しないようにする読書スピードの目安
集中力を高めるまずはプレリーディングから始める
文章読解の段階速読レベルは落ちないのか
文字認識の速さと内容理解は別物視点を規則正しく移動すること
眼筋を鍛える視野と速読のスピード
縦読みと横読みの速読右脳を鍛える練習
一行読みを目指すグーグルで速読トレーニング
速読ができない理由2行読み・3行読みの速読
脳の機能高める速読トレーニング黙読しながら内読をやめる
速読トレーニングの結果を記録する集中力を高めるツボ
速読の右脳と左脳速読と記憶システム
読書方法と速読速読の定義
速読のはじめ方スポーツ速読を無料でできる(子供用)
みんなやってる「トレーニングセット」

...ユーザー登録するとトレーニングセットを作ることができます。

新着トレーニングセット
  • 集中力アップセット
    ちょっと集中力が途切れてきたとき、ぼんやりしたしまったときにやるセットです。2分間。
  • 視点移動セット
    視点の移動をスムーズにするだけで、どれだけ読書スピードを上げられるかを確認するセット。目の動きが悪いと感じたらやってみてください。
  • masahiro
    速読
  • 速読レベルアップ中級セット
    速読トレーニングの中級セット。1500文字レベルの速読に慣れてきた人にお勧めします。
  • 速読レベルアップ初級セット
    速読レベルが1500文字以下の初級レベルの人にお勧めです。基礎を作り、次のレベルへの土台を作ります。